窓掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介

 

雨の降った翌日は、黄砂や砂が飛んでくるので汚れた窓ガラスが目立ちますよね。

 

窓ガラスは汚れやすい上、目につきやすい場所だからこそ、掃除のコツをしっかりおさえておきましょう!

 

ここでは、窓掃除に使用する道具とサッシと網戸を綺麗にする3つの方法について紹介します。

 

窓掃除の強い味方になってくれる重曹を使用して、サッシと網戸までピカピカにしてみてはいかがでしょうか?

 

「窓を綺麗にすることで幸せが舞い込んでくる」と言われているほど、窓の清潔感を保つことは大切。

 

ぜひとも、今日からさっそく窓を磨いて快適なライフをお送りください。

 

それではさっそく、窓が汚れる原因から紹介していきます。

 

 

窓が汚れる原因って?

 

 

窓が汚れる原因は、外側と内側の2つに分かれています。

 

外側は、黄砂や土、花粉や自動車の排気ガスなどによって汚れが蓄積していきます。

 

反対に内側は、タバコやホコリ、料理中に使用している油が飛び散るなどによって窓ガラスを汚してしまうケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

また、小さなお子さまがいるご家庭では、手垢やシールを貼ってしまい窓ガラスが汚れることもよくあります。

 

知らず知らずのうちに曇っていく窓ガラスを綺麗にすることで、お部屋が明るくなるのでぜひともお掃除を進めていきましょう!

 

ちなみに、窓掃除は年末の大掃除のみの方が非常に多くいらっしゃいますが、1〜2か月に1回程度綺麗にすることをおすすめします。

 

とくに、「小さなお子さまのいらっしゃるご家庭」「窓ガラスの近くにキッチンがあるご家庭」「タバコを頻繁に吸う方がいらっしゃるご家庭」では、月に1度窓掃除の時間を作るといいですね。

 

そして、窓掃除がおすすめな時期は、7月下旬の梅雨明けシーズンです。

 

夏に向けてピカッと輝く窓ガラスに磨き上げましょう!

 

 

窓を徹底的に綺麗にする道具4選【場所別】

 

 

窓掃除をはじめる前に準備しておきたい道具を4つ紹介します。

 

万が一準備できなかった場合には、代用できるアイテムもお伝えするので参考にして頂ければ幸いです。

 

それでは、窓掃除を一気に楽にしてくれる優れたアイテムをひとつずつ紹介します。

 

 

@重曹またはセスキ炭酸ソーダ

 

 

水拭きのみで窓掃除に挑む場合は、多少の覚悟が必要です。

 

1か月に1度のペースで、窓掃除を行っている方は、水拭きでも十分きれいにすることができます。

 

しかし、数か月間汚れを放置していた窓ガラスをきれいにするには、水だけではなく、重曹やセスキ炭酸ソーダが必須だと言えます。

 

スポンサーリンク

 

もちろん、窓ガラス専用の洗剤を使用するのもおすすめです。

 

今回は、最近話題の万能お掃除アイテムである重曹を使用した方法を紹介いたします。

 

重曹があれば、窓だけではなく、お風呂やキッチン周り、ドアノブなどすべての場所を綺麗にすることができるので、ご自宅にストックしておくといいかもしれませんね。

 

窓の汚れがヒドイ場合や、サッシの頑固な汚れには、セスキ炭酸ソーダが向いています。

 

重曹で綺麗にならない汚れには、セスキ炭酸ソーダを使用してみるといいです。

 

重曹とセスキ炭酸ソーダは、スプレータイプで販売しているものと、粉末や液体で販売しているものがあります。

 

なるべくスプレータイプを選んで、サッと拭きかけて掃除をするようにしてくださいね。

 

 

Aスクイジー(ガラスワイパー)

 

 

スクイジーやガラスワイパーがあれば、簡単に窓の水気を切ることができます。

 

窓掃除の最大の難関は、水切りではないでしょうか?

 

古い雑巾などを使用して、乾拭きをしても雑巾についている繊維などが残り、かえって汚くなってしまうケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

掃除を頑張ったあとに、窓ガラスを見てみると乾拭きの跡がついているとガッカリしますよね。

 

今後の窓掃除の気力を失う原因につながるので、スクイジーやガラスワイパーをGETしておきましょう。

 

100円前後で購入できる上、長期間使用し続けれるアイテムなので、今すぐチェックをしてみてください。

 

 

Bマイクロファイバークロス

 

 

マイクロファイバークロスは、繊細な繊維でできているため窓に布きれや細かいゴミが残る心配がありません。

 

仕上げのときのみに、マイクロファイバークロスを使用する方が多いですが、ガラス拭きの段階でも使用するといいです。

 

マイクロファイバークロスは、100円前後で購入できるので数枚準備しておくことでお掃除をスムーズにこなせます。

 

とくに時短をしたい主婦の方は、マイクロファイバークロスは必需品だと言えるのでこの機会にそろえておきましょう。

 

 

Cサッシブラシ

 

 

サッシ専用のブラシを100円前後で購入できるものもあります。

 

話題の商品では、使い終わったペットボトルにサッシブラシを取り付けて、水を流しながら掃除ができる優れたアイテムもたすさんあります。

 

窓のサッシのみならず、お風呂掃除や玄関まわりにも使用できるので、人気の高い商品です。

 

そのような専用のサッシブラシをひとつ準備しておくと掃除の時短になりますよ。

 

準備する時間がない方は、使い捨ての歯ブラシでも十分に汚れを落とすことができます。

 

窓のサッシには、小さな虫や石、ホコリが溜まりやすく頑固な汚れになっているケースも少なくありません。

 

落としにくい汚れもスムーズにきれいにする方法を紹介するので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

 

窓掃除に欠かせない3つの掃除方法

 

 

ここからは、窓掃除を徹底的に行う方法を詳しくまとめていきます。

 

「窓ガラス」「網戸」「サッシ」の3つにわけてお伝えするので、あなたの綺麗にしたい部分を参考にしていただければ幸いです。

 

短時間で、ピカピカの窓に仕上げて、外の景色を楽しめる生活を送りましょう!

 

 

@窓ガラスの曇りを取り除く

 

 

お掃除の基本は、高いところからスタートして、低いところへと進めていくことが大切です。

 

窓掃除も同様で窓ガラスの一番上から磨き始めましょう。

 

先述した通り、窓ガラスには手垢やホコリ、黄砂やタバコなどがたっぷり付着しています。

 

まずは、重曹スプレーを全体的にプッシュしてマイクロファイバークロスで汚れを落としてください。

 

シールの跡や、油汚れがなかなか落ちない場合は、重曹スプレーではなくセスキ炭酸ソーダに切り替えてしっかり汚れを落とします。

 

汚れが落ちたら、窓ガラスがぬれている状態から、スクイジーで水気をすべて切ります。

 

スクイジーを使用する際には、左の上からスタートして下に真っ直ぐ下ろすことがポイント。

 

実際に掃除を進めていく上で、あなたにぴったりなやり方が見つかるはずなのでご自身のペースで進めてくださいね。

 

これで、窓ガラス掃除は終了です。

 

水拭きをしたあとに、乾拭きをしていた方にとって、この方法は非常に簡単なので驚かれる方も少なくありません。

 

この方法であれば、月に1度のペースでも窓掃除をこなせるはずなのでぜひとも挑戦してみてくださいね。

 

 

A網戸の黒ずみを落とす

 

 

窓ガラスよりも汚れが目立たないため、後回しにしてしまいがちな網戸掃除の方法を紹介いたします。

 

窓ガラスを綺麗に仕上げても、網戸に汚れが溜まっていると風によって汚れが移ってしまうケースも少なくありません。

 

せっかく、窓掃除をするのであれば、網戸まで徹底的に磨く必要があります。

 

そして、網戸掃除に肝心な道具は、重曹スプレーとマイクロファイバークロスの2つです。

 

マイクロファイバークロスは2枚用意しておくといいでしょう。

 

まずはじめに、網戸に重曹スプレーを拭きかけて、1〜2分放置します。

 

次に、マイクロファイバークロスを2枚準備して、網戸をはさむように重曹を拭き取っていきます。

 

これだけで、汚れがマイクロファイバークロスにぎっしりついて、網戸もスッキリすること間違いなし。

 

それでも汚れが落ちていない場合は、メラミンスポンジを使用して擦るようにしてくださいね。

 

網戸は、繊細なためブラシを使用してこすらないようにすることも重要なポイント。

 

優しく拭き上げることで、汚れもゴッソリ落ちて綺麗な状態に仕上げれます。

 

 

Bサッシに詰まったほこりを洗い流す

 

 

高い部分から綺麗に掃除を進めてきました。

 

最後に待ち受けているのは、汚れやゴミが溜まりやすいサッシレース。

 

手強い汚れも、ここで紹介したアイテムを使用することで、あっという間に綺麗にすることができます。

 

まずは、サッシの横の部分や、網戸の中心部分から拭き掃除をしていきましょう。

 

重曹スプレーを拭きかけて、マイクロファイバーでこするだけで十分に汚れを落として、輝きを取り戻せるはずです。

 

なかなか汚れが落ちない場合のみ、メラミンスポンジを使用して優しくこすってくださいね。

 

最後に、ゴミが溜まりやすい上、カビが生えやすい部分である下側のサッシ。

 

ここには、サッシ専用のブラシを使用して端に溜まった汚れをかきだしましょう。

 

適度に水や重曹をかけて、流すことで汚れが浮き上がり、きれいになっているか把握できます。

 

ブラシでの掃除が完了したら、マイクロファイバークロスで拭き取って終了です。

 

「窓ガラス」「網戸」「サッシ」の汚れをきれいにして、ピカピカな窓での生活を楽しみましょう!

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

窓掃除は手間がかかるイメージが強いため、なにかと後回しにしてしまいがちですが、道具を一度そろえておけば簡単にこなせます。

 

大掃除の時期以外でもサッと窓掃除を行い、ピカピカとした窓での暮らしを楽しんでくださいね。

 

手軽な掃除方法を身に着けることで、あなたのライフスタイルを今よりもっと輝かせることができます。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

引き続き、「掃除のコツ・裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「掃除のコツ・裏技」人気記事ランキング↓

掃除のコツ・裏技

窓 掃除 片づけられない女に共通する10個の特徴!片付け上手になる秘訣
窓 掃除 ほこり掃除に役立つ便利な道具TOP3!ほこりの除去方法も公開
窓 掃除 重曹は掃除の最強アイテム!効果的な使い方を6つの場所別で紹介
窓 掃除 共働き夫婦の家事を分担する方法3選!タイムスケジュールを公開

洗面台

窓 掃除 洗面所の掃除方法を徹底解説!簡単にきれいになる洗剤と道具はコレ
窓 掃除 の掃除方法5ステップ!風呂場と洗面台の水垢を落とす方法を伝授
窓 掃除 洗濯機掃除の仕方を5つのステップで解説!カビを落とす洗剤も紹介
窓 掃除 洗濯槽の洗浄マニュアル!驚くほど汚れが落ちる5つの方法を大公開

キッチン・お風呂

窓 掃除 台所の掃除方法を部分別に紹介!台所が汚れる原因とおすすめ洗剤
窓 掃除 まな板のカビを二度と見たくない方必見!カビを除去する4つの方法
窓 掃除 ガスコンロの掃除方法を紹介!パーツごとの洗い方や掃除グッズ3つ
窓 掃除 換気扇の汚れを落とす掃除方法!ギトギト汚れは5つのグッズで解決
窓 掃除 水垢掃除はクエン酸と重曹が効く!キッチンとお風呂の掃除方法
窓 掃除 お風呂のカビはコレで死滅!カビをゴッソリ落とす3つの掃除方法

部屋・リビング

窓 掃除 掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介
窓 掃除 網戸掃除におすすめな道具5選!汚れる原因と簡単な掃除方法を紹介
窓 掃除 エアコン掃除のやり方はこれしかない!驚くほど汚れが落ちる道具5選
窓 掃除 壁紙の掃除はこれで解決!壁の頑固汚れを今すぐ落とす掃除方法
窓 掃除 ブラインド掃除の裏技を大公開!埃が驚くほど取れる3つの道具を紹介
窓 掃除 絨毯の掃除方法を徹底解説!3つのお手入れで綺麗な絨毯を保とう
窓 掃除 カーペット掃除はたったの5分!シミ抜きにも効果抜群な掃除法
窓 掃除 布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法
窓 掃除 のカビに効果的な掃除方法!二度と畳にカビを繁殖させない対処法

ベランダ

窓 掃除 ベランダ掃除の徹底マニュアル!掃除に必須な5つのグッズを大公開

フローリング

窓 掃除 フローリング掃除でピカピカにする方法!知ってると得する3つの道具
窓 掃除 フローリングワックスをムラなくかける方法!床を輝かせる商品3選

カビの除去

窓 掃除 カビ掃除の仕方を徹底解説!おすすめな洗剤2つと場所別の掃除方法
窓 掃除 カビの臭いを徹底除去する方法!カビ臭が発生しやすい場所7つ
窓 掃除 カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法