カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法

 

  • 家具の後ろにカビが繁殖していた
  • カビが生えないように対策をしたい
  • カビを除去して衛生的な暮らしをしたい

 

このようにカビの繁殖でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、カビを除去する最も効果的な方法について紹介いたします。

 

それに加えて、5つのカビ対策方法もお伝えするので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

それではさっそく、カビが繁殖する原因から紹介していきます。

 

 

厄介なカビが繁殖する3つの原因

 

 

そもそもどうしてカビは繁殖してしまうのでしょうか?

 

とくにジメジメした梅雨の時期には、カビが繁殖しやすい傾向にあります。

 

3つの原因を知ることで、カビがどうして繁殖するのかを理解できるはずです。

 

 

@カビが生える最適な「湿度」

 

 

カビが繁殖しやすい湿度は、70%以上だと言われています。

 

スポンサーリンク

 

湿度が高い場所では、カビが生えやすくなり活発に繁殖するのでどんどん除去が難しくなってしまいます。

 

湿度が高くなりやすい時期や場所は、カビが生えないように注意しておくといいでしょう。

 

 

A繁殖が活発化しやすい「温度」

 

 

カビは、基本的に何度でも繁殖すると言われているため、冷蔵庫の中でも生えてしまうケースも少なくありません。

 

しかし、カビが最も繁殖しやすい温度は20〜40度前後です。

 

反対に50度以上の温度では、カビが死滅するので繁殖させたくない場合は熱湯消毒が効果的。

 

 

Bカビが好む「栄養」が揃っている

 

 

カビは、ほこりや皮脂汚れ、油汚れ、髪の毛、フケ、食品カスなどを栄養として繁殖します。

 

部屋中にこのような汚れが溜まっていると、カビが活発に繁殖してしまうので掃除をこまめに行うといいでしょう。

 

また、エアコンの内部やお風呂の排水口などもこれらの栄養源が溜まっているとカビが生えるので定期的に掃除をしてくださいね。

 

 

カビが繁殖しやすい場所はここだ!

 

 

カビが繁殖しやすい場所をまとめたので、ぜひともチェックをしてください。

 

「高温多湿」で「栄養」が豊富な場所には、カビがどうしても繁殖しやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

とくに以下にまとめた場所は、こまめに掃除や換気をしてカビが生えにくい環境にしましょう!

 

  • お風呂場
  • 洗面台
  • 窓際
  • 押し入れ
  • キッチン
  • 風通しの悪い部屋

 

また、家具がギッシリ詰まっている室内は、湿度が高くなり、カビが繁殖しやすくなるので注意が必要です。

 

物置部屋などがご自宅にある方は、定期的に換気をして湿度が70%以上にならないような工夫をしましょう!

 

カビを除去する方法はこれしかない!

 

 

カビを発見したら、すぐさま雑巾でこすりつける方や、掃除機で吸い込もうとする方がたくさんいらっしゃいます。

 

実は、カビは雑巾でこすりつけることで胞子をまき散らして繁殖スピードをあげてしまいます。

 

また、掃除機で吸い込むと排出口からカビの胞子が飛び散って、部屋中にカビが充満する可能性も少なくありません。

 

ここで、カビの除去方法を紹介するので、しっかり抑えておきましょう!

 

 

@カビ除去の道具を準備をする

 

 

カビ除去に必要な道具を5つ紹介します。

 

まずは、道具を手元の準備してからカビ掃除を進めていきましょう!

 

  • 重曹
  • エタノールスプレー
  • 歯ブラシ
  • 雑巾(繊維が繊細なマイクロファイバークロスがおすすめ)
  • 食品用ラップ

 

これらの道具に加えて、お湯があればカビの除去を今すぐに開始できます。

 

雑巾は一般的なものでは繊維が残ってカビのエサとなってしまう恐れがあるので、マイクロファイバークロスなどの繊細な素材のものを使用してみてくださいね。

 

 

A重曹スプレーで汚れを拭き取る

 

 

まずは、カビが生えている場所に重曹スプレーを吹きつけて、食品用ラップでパックをします。

 

そうすることで、頑固な汚れやカビを浮かせることができます。

 

スポンサーリンク

 

この重曹での汚れを取り除く作業を怠ると、カビの栄養が付着したままになるので、カビを除去した後にまた繁殖するケースも少なくありません。

 

カビと汚れのレベルにあわせてパックを行う時間を設定するといいでしょう。

 

だいたい1〜2時間程度で汚れが浮いてくるので、古歯ブラシを使用して優しくこすってくださいね。

 

重曹を水かお湯で洗い流して、一度雑巾で水滴を拭き取ります。

 

 

Bエタノールスプレーで除菌をする

 

 

カビを死滅させるためには、エタノールスプレーでの除菌がおすすめです。

 

エタノールスプレーをカビが生えている部分に吹きつけて2〜3分付け置きします。

 

そのあとに、50度以上のお湯で洗い流してカビを完全に死滅させてくださいね。

 

 

C水滴を拭き取って乾燥させる

 

 

水滴が残ったまま放置すると、湿度が上がるだけではなく、水垢の原因となって最終的にカビのエサになります。

 

そうなってしまうと本末転倒なので、カビ除去をしたあとには徹底的に水滴を拭き取るようにしましょう!

 

マイクロファイバークロスで、ゴシゴシ擦るのではなく、優しくポンポンと叩くようにして水分を吸収します。

 

マイクロファイバークロスは、吸水性が優れているため水分を残さず拭き取ることができます。

 

それでも、水分が残ってしまう場合は、風通しをよくして乾燥させるといいでしょう。

 

 

最も効果的な5つの対策方法

 

 

カビの除去が終わったら、次に気になるのは、今後カビを繁殖させない対策方法ではないでしょうか?

 

ここでは、最も効果的な5つの対策方法を紹介いたします。

 

あなたのライフスタイルにあった方法を実践して、カビを二度と繁殖させないようにしてくださいね。

 

 

@換気を行って湿度を下げる

 

 

湿度が高ければ高いほどカビの繁殖が活発になります。

 

換気を行うことで湿度が上がることを防げるので、カビの繁殖もおさえられるでしょう。

 

寒い時期は、換気を行う機会が減ってしまいますが、室内を清潔に保つために、1〜2時間おきに換気をしてみてくださいね。

 

また、風通しがよくなると、室内のほこりが溜まりにくくなるので、カビの栄養が減って繁殖を防ぐことに繋がります。

 

 

A除湿器を使用して湿度を下げる

 

 

カビが生えないように、除湿器を使用するのもおすすめです。

 

除湿器の相場は、安価なものだと10,000円から購入できるので、室内を快適にするためにはGETしておくといいかもしれませんね。

 

湿度が70%以上にならないように、設定してカビの繁殖を防ぎましょう!

 

キッチンや、洗面台などの湿度が高くなりやすい場所に置いておく方も多いです。

 

 

B徹底的に結露を拭き取る

 

 

冬などの寒い時期で、室内との温度差がでてくると窓に結露ができます。

 

結露をほったらかしにしておくことで、湿度が高くなりカビの繁殖が活発化します。

 

さらに、壁紙やカーテン、床などに水滴が溜まるとカビが生えて除去することが困難になります

 

結露はそのままにせず、ワイパーで拭き取ったり、雑巾を使用して水滴を取り除くようにしましょう!

 

冬は、窓ガラスに結露を防止する専用のスプレーを吹きつけておくこともおすすめです。

 

 

C家具と壁紙の隙間を開ける

 

 

家具と壁紙が密着している状態では、湿度が上がってカビの繁殖を活発にしてしまいます。

 

それだけではなく、掃除がしにくため「ホコリ」や「油汚れ」「塵」などが蓄積してカビにとって最適な場所になってしまうことも少なくありません。

 

家具と壁紙の隙間を開けて風通しのいい空間にして、カビの繁殖を防ぎましょう!

 

家具をまったく動かさないご家庭では、汚れが溜まってしまうケースも高いので定期的に模様替えをしてカビのエサを取り除くことも大切です。

 

 

D掃除をこまめに行ってカビの栄養を取り除く

 

 

カビの栄養となる髪の毛や油汚れ、食品のカスが溜まっている室内にカビはどんどん繁殖します。

 

大掃除などの時期にまとめて掃除をするのではなく、日々の掃除を徹底的に行うことが大切です。

 

掃除を日常の習慣に加えて、ホコリなどの汚れを溜めないようにしてくださいね。

 

寝ている間にホコリが床に落ちてくるので、朝起きたらすぐにモップ掛けをする癖をつけるといいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

カビを除去するためには、「重曹」や「エタノールスプレー」を使用すると殺菌もできるのでおすすめです。

 

カビは室内に繁殖することで、アレルギー反応がでる厄介なものなので、見つけたらすぐに除去して快適な暮らしを送りましょう!

 

また、カビが二度と繁殖しないように、対策方法を実践して、清潔感のある室内を保ってくださいね。

引き続き、「掃除のコツ・裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「掃除のコツ・裏技」人気記事ランキング↓

掃除のコツ・裏技

カビ 除去 片づけられない女に共通する10個の特徴!片付け上手になる秘訣
カビ 除去 ほこり掃除に役立つ便利な道具TOP3!ほこりの除去方法も公開
カビ 除去 重曹は掃除の最強アイテム!効果的な使い方を6つの場所別で紹介
カビ 除去 共働き夫婦の家事を分担する方法3選!タイムスケジュールを公開

洗面台

カビ 除去 洗面所の掃除方法を徹底解説!簡単にきれいになる洗剤と道具はコレ
カビ 除去 の掃除方法5ステップ!風呂場と洗面台の水垢を落とす方法を伝授
カビ 除去 洗濯機掃除の仕方を5つのステップで解説!カビを落とす洗剤も紹介
カビ 除去 洗濯槽の洗浄マニュアル!驚くほど汚れが落ちる5つの方法を大公開

キッチン・お風呂

カビ 除去 台所の掃除方法を部分別に紹介!台所が汚れる原因とおすすめ洗剤
カビ 除去 まな板のカビを二度と見たくない方必見!カビを除去する4つの方法
カビ 除去 ガスコンロの掃除方法を紹介!パーツごとの洗い方や掃除グッズ3つ
カビ 除去 換気扇の汚れを落とす掃除方法!ギトギト汚れは5つのグッズで解決
カビ 除去 水垢掃除はクエン酸と重曹が効く!キッチンとお風呂の掃除方法
カビ 除去 お風呂のカビはコレで死滅!カビをゴッソリ落とす3つの掃除方法

部屋・リビング

カビ 除去 掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介
カビ 除去 網戸掃除におすすめな道具5選!汚れる原因と簡単な掃除方法を紹介
カビ 除去 エアコン掃除のやり方はこれしかない!驚くほど汚れが落ちる道具5選
カビ 除去 壁紙の掃除はこれで解決!壁の頑固汚れを今すぐ落とす掃除方法
カビ 除去 ブラインド掃除の裏技を大公開!埃が驚くほど取れる3つの道具を紹介
カビ 除去 絨毯の掃除方法を徹底解説!3つのお手入れで綺麗な絨毯を保とう
カビ 除去 カーペット掃除はたったの5分!シミ抜きにも効果抜群な掃除法
カビ 除去 布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法
カビ 除去 のカビに効果的な掃除方法!二度と畳にカビを繁殖させない対処法

ベランダ

カビ 除去 ベランダ掃除の徹底マニュアル!掃除に必須な5つのグッズを大公開

フローリング

カビ 除去 フローリング掃除でピカピカにする方法!知ってると得する3つの道具
カビ 除去 フローリングワックスをムラなくかける方法!床を輝かせる商品3選

カビの除去

カビ 除去 カビ掃除の仕方を徹底解説!おすすめな洗剤2つと場所別の掃除方法
カビ 除去 カビの臭いを徹底除去する方法!カビ臭が発生しやすい場所7つ
カビ 除去 カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法