布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法

 

  • 布団をめくると黒い点々があった
  • 布団につくカビの繁殖を抑える方法が知りたい
  • 干してもカビが落ちない

 

このように、布団に生えるカビでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、布団に生えたカビを根こそぎ取り除いて、二度と繁殖させない方法について紹介します。

 

布団のカビを徹底的に取り除いて、清潔な布団で毎日心地のいい睡眠をとれるようにしましょう!

 

それではさっそく、布団にカビが生える原因から紹介していきます。

 

 

どうして布団にカビが生えるの?

 

 

頻繁に布団を干しているのに、すぐに布団にカビが生える...。そんなケースも少なくありません。

 

実は、布団はカビにとって居心地のいい住み家になりやすい条件が揃っています。

 

ここでは、カビが繁殖する原因を4つに分けて紹介するので、頭の片隅において頂けると幸いです。

 

 

@カビを繁殖させやすい温度と湿度になっている

 

 

布団を敷いている部屋の湿度や温度が高い場合は、カビが繁殖しやすくなりますよ。

 

カビは湿度が70%以上で温度が、20〜40度の室内を好む特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

つまり、高温多湿な空間で睡眠を摂っている方は、カビの成長をサポートしているということに繋がります。

 

部屋全体の湿度を上げないように工夫をしていくことが、カビの繁殖をおさえるポイントです。

 

 

A布団を敷きっぱなしにしている

 

 

布団を敷きっぱなしにして生活している場合、布団の下に湿気がこもってカビを繁殖させやすくします。

 

さらに、フローリングに直接布団を敷いている方は、床にもカビが生えてしまうケースも少なくありません。

 

布団の下にすのこや、吸湿シートを敷いて、風通しをよくしておけば、カビの繁殖を防げますよ。

 

 

B寝ている間に大量の汗をかいている

 

 

「人は寝ている間にコップ1杯の汗をかく」という情報を耳にしたことがある方も多いのでは?

 

実際に、人は寝ている間に約200mlほどの発汗をしているという研究結果がでています。

 

スポンサーリンク

 

汗っかきの方や、小さなお子さまであれば、200ml以上もの発汗をしていると言えるでしょう。

 

汗をたっぷり吸収した布団は、湿度をあげてカビを繁殖させやすい状態にしてしまいます。

 

定期的に布団を干すようにしなければ、どうしてもカビは生えてしまうので、こまめに布団を干すようにしてくださいね。

 

 

C結露により湿気が溜まっている

 

 

冬の寒い時期には、窓に結露ができてしまいます。

 

窓際に布団を敷いて寝ている場合には、結露による水分をすべて布団や床が吸収して湿度を高めてしまうケースもよくあります。

 

知らず知らずのうちに、たっぷり水分を吸収している布団は、カビが繁殖をしやすい環境になります。

 

こまめに、窓の結露を拭き取ったり、布団が濡れないように場所を移動するといいでしょう。

 

 

布団に生えたカビを放置するとどうなるの?

 

 

布団は高温多湿な環境になりやすい上、髪の毛やほこりなどのカビにとってエサとなるものも揃っているためカビがとても繁殖しやすい。

 

だからといって、カビの繁殖を放置したまま睡眠を摂っていると人体に悪影響を及ぼします。

 

以下のような症状が現れるので、ぜひともチェックしておきましょう!

 

  • 鼻がムズムズする
  • 目がかゆい
  • 肌が荒れる
  • 水のような鼻水がでる

 

このようなアレルギー反応を起こしている方は、布団についているカビの胞子を吸収している可能性が高いと言えます。

 

また、小さなお子さまや、免疫力が低下している場合には、このような症状だけでは済まず、気管支炎、肺炎などを引き起こすケースも少なくないので要注意。

 

カビを見つけたら、放置せずにすぐさま対処をしてくださいね。

 

 

布団のカビを根こそぎ取り除く方法

 

 

さて、ここからはカビを徹底的に除去する方法を紹介いたします。

 

敷布団と布団カバーでは少しだけ対処方法が異なるので、布団のカビが生えている部分の解説をご覧ください。

 

準備するものもお伝えするので、はじめに必要な道具をおさえてから掃除に取り掛かりましょう!

 

 

@敷布団のカビ取り方法

 

 

敷布団のカビは、洗濯機に入れて洗うことができないので、布団シーツよりも厄介です。

 

しかし、布団にカビが繁殖する場合、ほとんどが敷布団に生えているのでこの機会に除去方法をおさえておくといいかもしれませんね。

 

準備する道具

 

  • 雑巾
  • マスク
  • 掃除用手袋
  • 古歯ブラシ
  • 重曹
  • エタノール

 

これらの6つの道具を使用して敷布団のカビ除去を行います。

 

スポンサーリンク

 

衛生的に掃除をするために、手袋とマスクを着用してからはじめていきましょう!

 

敷布団のカビ除去方法

 

  • 濡らした雑巾で布団をおさえるようにカビを拭き取ります。
  • 水200mlと重曹大さじ1で薄めた重曹スプレーを拭きつけましょう。
  • そのまま5分程度放置して汚れを浮かせます。
  • 古歯ブラシでカビている部分を優しくこすってください。
  • 乾いた雑巾を使用してトントンと拭きましょう。
  • エタノールスプレーを拭きつけて除菌をします。
  • 天日干しをしてしっかりと乾かして終了です。

 

カビを除去するためには、雑巾や歯ブラシを使用する際に、優しく擦ることが大切です。

 

強くゴシゴシと擦ってしまうと、布団の繊維を傷つけるだけではなく、カビの胞子をばら撒いてしまうケースも少なくありません。

 

静かに動かして、カビを根こそぎ除去してくださいね。

 

最後に、天日干しをいてしっかり乾燥させることが大切なので、天気のいい日に布団のカビ掃除を実施しましょう!

 

 

A布団カバーのカビ取り方法

 

 

布団のカバーに黒い斑点がついている場合には、洗濯機に入れれば解決すると勘違いしている方も少なくありません。

 

カバーやシーツに生えたカビは、洗濯機に任せるだけでは細菌が死滅しない上、色がついたままになるのでカビ取り方法を実践しましょう!

 

準備する道具

 

  • 酸素系漂白剤
  • 掃除用手袋
  • マスク
  • 古歯ブラシ

 

漂白剤は、先ほど使用した重曹のようなエコ洗剤ではないので、使用する際には風通しをよくして、マスク、手袋を着用してから行ってくださいね。

 

カビは、50度以上のお湯で死滅すると言われているので、お湯を使用して行うといいでしょう。

 

  • 漂白剤をお湯で薄めてください。(使用する商品によって量が異なります)
  • そこに布団カバーを入れて、1〜2時間程度付け置きをします。
  • 付け置きが終了後、カビが生えていた部分を歯ブラシで優しくこすりましょう。
  • 洗濯機に入れてすすぎ洗いのスイッチをオン。
  • 脱水を終わらせたら天日干しをして完全に乾かしましょう。

 

敷布団も布団カバーもどちらにしても、天日干しを行うことでカビを死滅できるので晴れの日に実施してくださいね。

 

 

もう二度とカビを繁殖させない方法

 

 

カビの除去に成功して一安心した方も、すぐさま対策方法を実践しなければしつこいカビは再びやってきます。

 

カビの繁殖に気づかずに放置し続けると、カビを落とせなくなり布団を捨てざるおえない状態になります。

 

ここからは、もう二度とカビを繁殖させない方法を紹介するので、ぜひとも挑戦してみてくださいね。

 

 

@布団を頻繁に干してカビを死滅させる

 

 

カビは、湿度の高い場所に繁殖しやすいので、布団の湿気を取り除くために、定期的な天日干しを行う必要があります。

 

週に2回程度、外に干すことで、風通しがよくなりカビが住みにくい場所になるのでおすすめです。

 

その際に、途中で裏返して両面日光にあてて、カビの繁殖をおさえることも重要なポイントです。

 

 

Aすのこを敷いて風通しを良くする

 

 

床に直接布団を敷いてしまうと、湿度が高くなりやすいことが分かっています。

 

それだけではなく直接敷いていると、床にまでカビが生えるケースも多いので要注意。

 

すのこや吸湿シート、バスタオルを敷いて風通しを良くする工夫が大切です。

 

また、布団は敷きっぱなしにせず、朝起きたらすぐに畳むような習慣を付けてみてはいかがでしょうか?

 

 

B掃除をこまめに行いカビの栄養源を取り除く

 

 

布団に髪の毛や、フケ、ほこりなどが付着しているとカビのエサとなって繁殖しやすくなります。

 

定期的にシーツを洗濯して、カビの栄養源をため込まないようにしてくださいね。

 

とくにペットと一緒に暮らしている方で、布団に寝ることがある場合は、トリミングをして毛を落とさないように工夫をいましょう!

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

布団にカビが生えていたらすぐに捨てるのではなく、重曹やエタノール、酸素系漂白剤を使用した掃除で対処をしましょう。

 

定期的に布団を干したり、シーツを洗ってカビの繁殖をおさえることが大切です。

 

布団はカビが繁殖しやすいものなので、予防をしっかり行い、清潔な布団で1日の疲れを癒してくださいね。

引き続き、「掃除のコツ・裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「掃除のコツ・裏技」人気記事ランキング↓

掃除のコツ・裏技

布団 カビ 片づけられない女に共通する10個の特徴!片付け上手になる秘訣
布団 カビ ほこり掃除に役立つ便利な道具TOP3!ほこりの除去方法も公開
布団 カビ 重曹は掃除の最強アイテム!効果的な使い方を6つの場所別で紹介
布団 カビ 共働き夫婦の家事を分担する方法3選!タイムスケジュールを公開

洗面台

布団 カビ 洗面所の掃除方法を徹底解説!簡単にきれいになる洗剤と道具はコレ
布団 カビ の掃除方法5ステップ!風呂場と洗面台の水垢を落とす方法を伝授
布団 カビ 洗濯機掃除の仕方を5つのステップで解説!カビを落とす洗剤も紹介
布団 カビ 洗濯槽の洗浄マニュアル!驚くほど汚れが落ちる5つの方法を大公開

キッチン・お風呂

布団 カビ 台所の掃除方法を部分別に紹介!台所が汚れる原因とおすすめ洗剤
布団 カビ まな板のカビを二度と見たくない方必見!カビを除去する4つの方法
布団 カビ ガスコンロの掃除方法を紹介!パーツごとの洗い方や掃除グッズ3つ
布団 カビ 換気扇の汚れを落とす掃除方法!ギトギト汚れは5つのグッズで解決
布団 カビ 水垢掃除はクエン酸と重曹が効く!キッチンとお風呂の掃除方法
布団 カビ お風呂のカビはコレで死滅!カビをゴッソリ落とす3つの掃除方法

部屋・リビング

布団 カビ 掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介
布団 カビ 網戸掃除におすすめな道具5選!汚れる原因と簡単な掃除方法を紹介
布団 カビ エアコン掃除のやり方はこれしかない!驚くほど汚れが落ちる道具5選
布団 カビ 壁紙の掃除はこれで解決!壁の頑固汚れを今すぐ落とす掃除方法
布団 カビ ブラインド掃除の裏技を大公開!埃が驚くほど取れる3つの道具を紹介
布団 カビ 絨毯の掃除方法を徹底解説!3つのお手入れで綺麗な絨毯を保とう
布団 カビ カーペット掃除はたったの5分!シミ抜きにも効果抜群な掃除法
布団 カビ 布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法
布団 カビ のカビに効果的な掃除方法!二度と畳にカビを繁殖させない対処法

ベランダ

布団 カビ ベランダ掃除の徹底マニュアル!掃除に必須な5つのグッズを大公開

フローリング

布団 カビ フローリング掃除でピカピカにする方法!知ってると得する3つの道具
布団 カビ フローリングワックスをムラなくかける方法!床を輝かせる商品3選

カビの除去

布団 カビ カビ掃除の仕方を徹底解説!おすすめな洗剤2つと場所別の掃除方法
布団 カビ カビの臭いを徹底除去する方法!カビ臭が発生しやすい場所7つ
布団 カビ カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法