洗濯槽のカビを今すぐ落とす方法!カビ除去に必須な道具3選

 

  • 洗ったばかりの服に黒いゴミがついている
  • 洗濯槽の掃除をしたことがない
  • 洗濯機から嫌な臭いがする

 

そんな洗濯槽の汚れについてちょっと気になっているみなさまに必見です!

 

ここでは、洗濯槽のカビを今すぐ落とす掃除方法と、カビ除去に必須な道具3つについて紹介いたします。

 

洗濯槽のカビを取り除いて清潔な衣類に仕上げてみてはいかがでしょうか?

 

さらに、洗濯槽を綺麗に保つポイントもお伝えするので、最後までお見逃しなく!

 

それではさっそく、洗濯槽にカビが繁殖する原因から紹介していきます。

 

 

 

洗濯槽にカビが繁殖する原因はコレだ!

 

 

毎日綺麗な水と洗剤を使用しているので洗濯槽はピカピカのはずなのに、カビが繁殖してしまう原因って一体なにでしょうか?

 

実は、カビは洗剤の残りカスや、皮脂垢を栄養源として繁殖する生物です。

 

スポンサーリンク

 

それだけではなく、高温多湿な環境を好むため湿度の高い洗濯槽は、カビにとって最適な住み家になります。

 

カビを繁殖させないためには、洗濯槽の汚れをしっかり落として、湿度を下げることがポイントです。

 

 

洗濯槽の掃除をさぼるとどうなるの?

 

 

洗濯槽は、新品を購入しても3か月後には汚れが大量に蓄積してしまうと言われています。

 

しかし、汚れが目立つわけでもないので放置し続ける方も多いのでは?

 

洗濯槽の掃除を長期間さぼっていると、以下の状態が起きるケースも少なくありません。

 

  • 部屋中にカビや細菌が拡散
  • 服を何度洗っても臭いが取れない
  • 細菌による肌荒れや喘息、アトピーを引き起こす

 

これらの状態を回避するために、洗濯槽を定期的に洗浄する必要があります。

 

とくに、アレルギーをお持ちの方や、小さいお子さまがいらっしゃるご家庭の洗濯槽は、必ず清潔に保つようにしてくださいね。

 

 

カビ除去のために必須な道具3選

 

 

洗濯槽のカビ掃除を進めるまえに、準備しておきたい3つの道具をチェックしてくださいね。

 

100円前後で揃えることができるアイテムなので、この機会にGETしておくといいかもしれません。

 

また、代用できるアイテムもお伝えするので、きっと今すぐ洗濯槽掃除を開始できますよ。

 

 

@「重曹」または「酸素系漂白剤」でカビを浮かせる

 

 

洗濯槽のカビを取り除くために、どちらの洗剤を使用しても構いません。

 

重曹は、人にも環境にも優しいエコ洗剤なので、ご自宅に小さなお子さまやペットがいらっしゃる方におすすめ。

 

スポンサーリンク

 

酸素系漂白剤は、漂白、除菌、消臭効果もあるので、洗濯槽の臭いが気になる方に人気な洗剤です。

 

どちらを使用しても、やり方はほとんど同じでとっても簡単に洗濯槽を綺麗に仕上げることができますよ。

 

 

A浮いてきたカビを取り除く「湯垢取りネット」

 

 

100円ショップに行くと購入できる湯垢ネットが、カビを取り除く際に役立ちます。

 

洗剤でカビを浮かせたあとは、湯垢ネットを使用して救って取り除きましょう!

 

代用品として、洗面桶で救う方も少なくないのでぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

浮き出てきたカビをそのまま放置してしまうと、排水口のつまりや、洗濯機の老化を早める原因になります。

 

洗濯槽掃除では、浮き上がってきたカビを丁寧にすくい取ることが大切です。

 

 

Bカビの繁殖を抑える「マイクロファイバークロス」

 

 

カビの繁殖をおさえるマイクロファイバークロスが必須です。

 

もちろん、雑巾や使わなくなったTシャツなどで代用することは可能ですが、繊維の細かいマイクロファイバークロスを使用すると、拭いたあとにムダなゴミが残らないのでおすすめ。

 

洗濯槽のカビを取り除くことができたら、洗濯機の中をマイクロファイバークロスで拭き取りましょう。

 

 

カビを徹底的に取り除く方法6ステップ

 

 

それでは、カビを徹底的に取り除く方法を見て一連の流れをおさえてくださいね。

 

カビの繁殖レベルや、掃除を放置した期間によっては半日かかる場合もあります。

 

実際に、掃除を初めてみなければ分からないので、途中で中断しなくていいように計画を立ててから実践しましょう!

 

 

@お湯を洗濯槽の高水位まで入れる

 

 

まず、洗濯槽の中にお湯をたっぷりいれていきます。

 

このときに、水ではなく、50度前後のお湯を入れることでカビを死滅させる効果が抜群です。

 

しかし、洗濯機によってはお湯の使用が不可なものも少なくないので、説明書やホームページにて確認をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

タテ型の洗濯機では、高水位が分かりやすいですが、ドラム缶式の洗濯機は、水やお湯がこぼれない程度に入れるとgood!

 

このときに、洗濯物を一緒に入れると汚れが付着してしまうので要注意です。

 

洗濯機が空の状態で、洗濯槽の掃除を進めるようにしましょう!

 

 

A「重曹」または「酸素系漂白剤」を入れる

 

 

洗濯機にたっぷりの水またはお湯を溜めたあとは洗剤をいれます。

 

この時に使用する洗剤は、重曹と酸素系漂白剤のどちらでも構いませんので、ライフスタイルにあわせてお選び下さい。

 

重曹は200g、酸素系漂白剤は500gを目安に入れるといいでしょう。

 

水10リットルに対して100gの酸素系漂白剤を使用すると覚えておくといいかもしれませんね。

 

 

B洗濯機をいつも通り回す

 

 

洗剤を入れたら蓋を閉めて、洗濯機の「標準コース」のスイッチを入れてください。

 

5分程度標準コースで洗濯機を回して、脱水をせずにストップです。

 

ここで付け置きをして、こべりついた汚れを緩めていくので5時間ほど放置をしましょう!

 

汚れによっては、そのまま半日ほど付け置きをしても構いません。

 

洗濯槽の汚れが重度の場合には、酸素系漂白剤が泡立つケースも少なくありません。

 

あまりにも泡の量が多く、あふれ出しそうな場合には洗面桶を使用して取り除いてくださいね。

 

 

C浮いてきたカビをネットで取り除く

 

 

洗濯槽を除くとゾッとするかもしれませんが、浮いているカビをネットで取り除きましょう。

 

酸素系漂白剤を使用した場合は、汚れが白くなっているケースも少なくありません。

 

ここで、カビや垢などの汚れをすべて排除しなければ排水口に詰まったり故障する原因になるので丁寧に行います。

 

Dすすぎをして水を流す

 

 

細かい汚れもネットで取り除けたら、すすぎのスイッチを押してください。

 

すすぎが終了したら、再び蓋をあけてカビや汚れが出てきていないかを確認します。

 

汚れが無ければ、脱水のスイッチを押して水を流しましょう!

 

一般的には、ここですすぎを2〜3回程度繰り返しますよ。

 

 

E水滴をマイクロファイバークロスで拭き取ろう

 

 

脱水が終わったあとは、湿度を下げるために蓋を開けっ放しにして乾燥させます。

 

半日程度かかるので、マイクロファイバークロスや雑巾でサッと水滴を拭き取ると効率が良くなります

 

また、小さなお子さまやペットと一緒に暮らす方は、洗濯機の蓋を開けたままにしておくのは危険です。

 

雑巾で水滴を拭き取って、蓋を完全に閉めきって洗濯槽のカビ取り掃除を終了してくださいね。

 

 

洗濯槽を綺麗に保つポイントってあるの?

 

 

洗濯槽は、湿った服を入れたままにしていたり、髪の毛、皮脂油などが付着してカビが繁殖しやすい環境だと言えます。

 

しかし、3つのポイントをおさえることでカビの繁殖を抑えることができますよ。

 

ぜひともポイントをチェックして、実践してみてくださいね。

 

 

@洗濯物はかごに入れる癖をつけよう

 

 

洗濯物をすぐに洗濯機の中に入れ込む習慣がある方は、洗濯槽のカビが繁殖しやすい傾向にあります。

 

カビは、ジメジメした湿度の高い場所が好きなので、濡れている衣類を洗濯機に入れないようにしましょう!

 

洗濯専用の通気性のいいかごに入れて、溜まったら洗濯を開始するようにしてみてくださいね。

 

 

A洗剤の使用量を必ず守る

 

 

使用している洗剤をチェックすると、使用量が記載しているはずです。

 

だいたいの目分量で洗剤を使用せず、適量を守って使うようにしてくださいね。

 

残ってしまった洗剤が、洗濯槽にこべりついてカビのエサになります。

 

 

B洗濯機の中を乾燥させる

 

 

洗濯機の中が常に濡れている状態だと、湿度が高くなりカビの住み家になってしまいますよ。

 

洗濯が終わったら蓋を開けたままにして、風通しを良くしましょう!

 

しかし、小さなお子さまやペットと暮らしているご家庭では、蓋を開けっ放しにすることで洗濯機の中に入るケースもあります。

 

大変危険なので、蓋を開けっ放しにして乾燥させるのはやめてくださいね。

 

蓋を開けたままにできない環境の方は、乾拭きをして湿度を下げるのが吉。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

洗濯槽は常に湿っている上、皮脂汚れや髪の毛が溜まりやすい場所なので、カビの繁殖がしやすい環境です。

 

カビが繁殖しないように、定期的な洗濯槽の掃除を行い清潔に保ってくださいね。

 

綺麗な洗濯機で衣類を洗って、清潔感のある暮らしを手に入れましょう!

引き続き、「掃除のコツ・裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「掃除のコツ・裏技」人気記事ランキング↓

掃除のコツ・裏技

洗濯槽 カビ 片づけられない女に共通する10個の特徴!片付け上手になる秘訣
洗濯槽 カビ ほこり掃除に役立つ便利な道具TOP3!ほこりの除去方法も公開
洗濯槽 カビ 重曹は掃除の最強アイテム!効果的な使い方を6つの場所別で紹介
洗濯槽 カビ 共働き夫婦の家事を分担する方法3選!タイムスケジュールを公開

洗面台

洗濯槽 カビ 洗面所の掃除方法を徹底解説!簡単にきれいになる洗剤と道具はコレ
洗濯槽 カビ の掃除方法5ステップ!風呂場と洗面台の水垢を落とす方法を伝授
洗濯槽 カビ 洗濯機掃除の仕方を5つのステップで解説!カビを落とす洗剤も紹介
洗濯槽 カビ 洗濯槽の洗浄マニュアル!驚くほど汚れが落ちる5つの方法を大公開

キッチン・お風呂

洗濯槽 カビ 台所の掃除方法を部分別に紹介!台所が汚れる原因とおすすめ洗剤
洗濯槽 カビ まな板のカビを二度と見たくない方必見!カビを除去する4つの方法
洗濯槽 カビ ガスコンロの掃除方法を紹介!パーツごとの洗い方や掃除グッズ3つ
洗濯槽 カビ 換気扇の汚れを落とす掃除方法!ギトギト汚れは5つのグッズで解決
洗濯槽 カビ 水垢掃除はクエン酸と重曹が効く!キッチンとお風呂の掃除方法
洗濯槽 カビ お風呂のカビはコレで死滅!カビをゴッソリ落とす3つの掃除方法

部屋・リビング

洗濯槽 カビ 掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介
洗濯槽 カビ 網戸掃除におすすめな道具5選!汚れる原因と簡単な掃除方法を紹介
洗濯槽 カビ エアコン掃除のやり方はこれしかない!驚くほど汚れが落ちる道具5選
洗濯槽 カビ 壁紙の掃除はこれで解決!壁の頑固汚れを今すぐ落とす掃除方法
洗濯槽 カビ ブラインド掃除の裏技を大公開!埃が驚くほど取れる3つの道具を紹介
洗濯槽 カビ 絨毯の掃除方法を徹底解説!3つのお手入れで綺麗な絨毯を保とう
洗濯槽 カビ カーペット掃除はたったの5分!シミ抜きにも効果抜群な掃除法
洗濯槽 カビ 布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法
洗濯槽 カビ のカビに効果的な掃除方法!二度と畳にカビを繁殖させない対処法

ベランダ

洗濯槽 カビ ベランダ掃除の徹底マニュアル!掃除に必須な5つのグッズを大公開

フローリング

洗濯槽 カビ フローリング掃除でピカピカにする方法!知ってると得する3つの道具
洗濯槽 カビ フローリングワックスをムラなくかける方法!床を輝かせる商品3選

カビの除去

洗濯槽 カビ カビ掃除の仕方を徹底解説!おすすめな洗剤2つと場所別の掃除方法
洗濯槽 カビ カビの臭いを徹底除去する方法!カビ臭が発生しやすい場所7つ
洗濯槽 カビ カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法