ハウスダストの症状をチェック!5つの対策方法でアレルギーを解消

 

  • 鼻がムズムズしてイライラする
  • 花粉症か風邪か検討がつかない
  • ハウスダストを解消する方法が知りたい

 

このような深刻なハウスダストの悩みを持つ方に必見です。

 

ここでは、ハウスダストアレルギーを解消できる5つの解消方法について紹介いたします。

 

まずは、ハウスダストの症状をチェックしてみてくださいね。

 

それではさっそく、ハウスダストの特徴について紹介します。

 

 

ハウスダストの特徴ってなに?

 

 

くしゃみや鼻水、目のかゆみが止まらなくなったら疑いたくなるハウスダスト。

 

そもそもハウスダストとは、1ミリ以内の目には見えない小さなほこりのことを言います。

 

スポンサーリンク

 

名前のとおり、室内にある塵やほこり、ダニなどによって強いアレルギー反応を起こしてしまうケースも少なくありません。

 

清潔ではない室内に入ることで、くしゃみや鼻水が急に悪化するのでハウスダストだと分かる方も多いのではないでしょうか?

 

 

ハウスダストを引き起こす4つの原因はコレだ

 

 

ハウスダストと言えば、室内のほこりだけが原因だと思っている方も多いはず。

 

実は、ハウスダストを引き起こす原因はおもに4つがあげられています。

 

この4つの原因を解消することで、ハウスダストを防げるケースも少なくないのでぜひともおさえておきましょう!

 

@目に見えないダニが繁殖している

 

 

室内には、服や布団、絨毯の繊維によって目に見えないダニが繁殖しています。

 

主にヒョウダ二という種類のダニのフンや死骸が原因でアレルギー反応を起こしていると言われています。

 

スポンサーリンク

 

ヒョウダ二は湿度が70〜80%の室内を好んで繁殖するので、湿度の管理を徹底することもダニによるハウスダストを回避するポイントです。

 

 

A空気中にカビや細菌が潜んでいる

 

 

室内や空気中に潜んでいるカビや細菌もハウスダストの原因にあげられます。

 

カビは、湿度の高いお風呂場や、洗面台、台所に発症するイメージが強いもの。

 

しかし、そのような場所以外にもカーペットの下や窓ガラスのサッシなどあらゆる場所に繁殖しているケースも少なくありません。

 

気づかないうちに繁殖しているカビや細菌が体内に入り込んでアレルギー反応を起こしています。

 

ご自宅にカビや細菌が繁殖していないかを、定期的に把握しておくことも重要です。

 

 

Bペットや人の抜け毛に、ほこりやダニが付着している

 

 

ハウスダストの原因のひとつである、人の抜け毛やペットの毛は防ぎようのないものです。

 

これらの毛に、ほこりやダニが付着してどんどんハウスダストの原因を広げてしまうケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

このような悪循環を回避するためには、ペットはトリミングなどに通って毛の手入れをしておく必要があります。

 

また、ドライヤーやアイロンなどでヘアケアする場所は、頻繁に掃除をするのもオススメ!

 

生活をする上で、毛を落とさないようにすることはできませんが、日常的に工夫をしてハウスダストの原因を取り除いてみてはいかがでしょうか?

 

 

C外出先からの花粉が侵入している

 

 

温かい時期に現れる花粉もハウスダストの原因のひとつです。

 

部屋を閉め切っているのに、花粉が室内に侵入してくしゃみや鼻水が止まらなくなった経験をお持ちの方も多いのでは?

 

外出先で衣類に花粉が付着したまま、室内にはいってしまうケースや、布団や洗濯物を外に干して花粉が付着することも少なくありません。

 

春や秋には、これらの原因となるスギ、ブタクサの花粉が舞っているので注意をしましょう。

 

 

4つの特徴から「ハウスダストの症状」をチェックしてみよう

 

 

ここまでご覧いただき、ハウスダストの疑いがでてきた方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、ハウスダストの症状を4つにわけて紹介するのでぜひともセルフチェックをしてみてくださいね。

 

また、ハウスダストだと自覚がある方は、はやめに病院に足を運び、効果的なお薬をもらってツライ症状を緩和させましょう。

 

 

@鼻のムズムズが止まらない「アレルギー鼻炎」

 

 

体内にハウスダストの物質が入り込むことで、突然、鼻がムズムズします。

 

水のようなサラッとした鼻水がとまらなくなった場合には、アレルギー性鼻炎を引き起こしている可能性が高いと言えるでしょう。

 

鼻水だけではなく、咳がでてなにも手に負えなくなる状態を経験したことがある方も多いはず。

 

鼻の中の粘膜が炎症を起こしているので、はやめにアレルギー源を取り除く必要があります。

 

 

A目のかゆみがおさまらない「アレルギー性結膜炎」

 

 

ハウスダストが原因で、目の粘膜にアレルギー源が入り込んでしまい強いかゆみを引き起こします。

 

かゆみのみならず、目の白い部分にぶよぶよしたむくみが現れて視界を狭くするケースも少なくありません。

 

そうなることで、視野が一気に狭くなり車の運転はもちろんのこと、日常生活さえ困難になるので早めに病院に行くようにしましょう!

 

コンタクトレンズをつけている場合は、コンタクトレンズに汚れが付着していることも少なくないのですぐさま外すようにしてくださいね。

 

 

B皮膚に違和感がある「アトピー性皮膚炎」

 

 

ハウスダストや食品によってアトピー性皮膚炎を発症する可能性も少なくありません。

 

皮膚が赤くただれて、強いかゆみを伴うので速やかに病院に行くようにしましょう。

 

首や腕、耳のうしろなどに皮膚の炎症が起きて、無意識のうちにかいて肌を傷つけてしまいやすいので要注意。

 

傷がついた部分に、細菌が入り込んでさらなる湿疹を引き起こすトラブルも多くあがっています。

 

強いかゆみを感じる部分を保冷剤や氷で冷やして、専門医に診てもらいましょう。

 

 

C喉が痛くて息苦しい「気管支喘息」

 

 

気管支喘息は、おもに2歳までの小さなお子さまに発症することが多い疾患。

 

ハウスダストの原因であるダニが体内に入り込んで、「ゼイゼイ」喉がなったり、息をすると「ヒュー」という音が聞こえてきます。

 

それと同時に咳が出るので、息苦しくてなにも手に負えない状態になります。

 

とくに小さなお子さまが発症している場合は、様子を見るのではなくすぐに病院へ連れていき対処してもらいましょう。

 

 

ハウスダストを解消する5つの対策方法

 

 

ハウスダストでのツライ症状にお悩みの方は、原因となるものを徹底的に解消しましょう。

 

5つの対策方法を紹介するので、あなたのライフスタイルにあったものを実践してくださいね。

 

今すぐはじめられるものも多いので、原因のもとを排除して快適な生活を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

@毎日徹底的に掃除を行う

 

 

ハウスダストの原因は、ほこりやダニ、髪の毛によるものだと言えます。

 

目に見えるものばかりではなく、ソファーの下や冷蔵庫の下、エアコンの中などの汚れも原因だと言えます。

 

大掃除の時期のみならず、日々の掃除を徹底して汚れを蓄積させないようにしましょう。

 

手の届く場所に掃除アイテムを準備しておくことで、気づいたときに綺麗にできる習慣が身につくのでおすすめです。

 

ほこりやダニは、寝ている間に落ちてきて床に付着しているため朝、目覚めたときにサッとモップ掃除をしてみてくださいね。

 

 

Aホコの原因であるぬいぐるみやクッションを片付ける

 

 

ハウスダストの症状を緩和させたい方は、室内が汚れる原因を取り除くこともひとつの手です。

 

たとえば、繊維が落ちやすい衣類を減らしたり、ぬいぐるみをタンスにおさめることもおすすめ。

 

その他には、ほこりや塵が蓄積しにくい素材のクッションやカーペットを選ぶといいかもしれませんね。

 

天然素材のものを使用するのではなく、化学繊維で作られたアイテムを選ぶといいでしょう。

 

 

B定期的にペットのトリミングを行う

 

 

あまりにも、ハウスダストによる影響がヒドイ場合は、ペットの飼育環境を整えることも大切です。

 

週に1度は、シャンプーをしたり、散歩から帰ってきたら清潔にするため、毛の手入れを念入りに行う必要があります。

 

市販でもペット用のダニ除去薬が購入できるので使用してみるのもアリかもしれませんね。

 

トリマーに相談して、毛のケア方法を見直してみるといいでしょう。

 

 

Cダニが繁殖しない環境に整える

 

 

ダニは高温多湿な場所を好む特徴があります。

 

そのため、加湿器や空気洗浄機を大活用して、ダニやカビが繁殖しない環境に整えることが大切です。

 

ダニやカビが繁殖しにくい環境とは、室温は25度前後に保ち、湿度は、50%以内が最適だと言われています。

 

さらに、50度以上の熱を加えることでダニが死滅するので、天日干しや布団掃除クリーナーを使用するのもおすすめです。

 

D花粉が室内に入り込まないように工夫をする

 

 

花粉が知らず知らずのうちに室内に入り込んで、ハウスダストの症状に悩まされるケースも少なくありません。

 

布団を外に干した際には、十分にはたいて花粉を落としてから室内に入れるようにしましょう。

 

また、室内に持ち込んだ際に掃除機をかけて徹底的に花粉を取り除いてくださいね。

 

外出から帰宅した際に、同じ室内で暮らす家族全員が衣類やバッグをはたいて入室する癖をつけておくといいです。

 

室内でもマスクの着用をして、ハウスダストのアレルギーを引き起こさないように注意して、今よりもっと快適な生活をお送りください。

 

 

まとめ

 

 

ハウスダストはどれもツライ症状ばかりを引き起こすため、日常生活もままならない方も多いのではないでしょうか?

 

市販薬を試してみたり、病院で診てもらうこともひとつの手です。

 

ご自宅の環境を整えて、花粉やダニ、ほこりに負けないように徹底した掃除をしてみてくださいね。

 

かゆみや鼻水を解消して、快適なライフスタイルをお送りできるように5つの対策方法を実践してみましょう!

引き続き、「掃除のコツ・裏技」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「掃除のコツ・裏技」人気記事ランキング↓

掃除のコツ・裏技

ハウスダスト 症状 対策 片づけられない女に共通する10個の特徴!片付け上手になる秘訣
ハウスダスト 症状 対策 ほこり掃除に役立つ便利な道具TOP3!ほこりの除去方法も公開
ハウスダスト 症状 対策 重曹は掃除の最強アイテム!効果的な使い方を6つの場所別で紹介
ハウスダスト 症状 対策 共働き夫婦の家事を分担する方法3選!タイムスケジュールを公開

洗面台

ハウスダスト 症状 対策 洗面所の掃除方法を徹底解説!簡単にきれいになる洗剤と道具はコレ
ハウスダスト 症状 対策 の掃除方法5ステップ!風呂場と洗面台の水垢を落とす方法を伝授
ハウスダスト 症状 対策 洗濯機掃除の仕方を5つのステップで解説!カビを落とす洗剤も紹介
ハウスダスト 症状 対策 洗濯槽の洗浄マニュアル!驚くほど汚れが落ちる5つの方法を大公開

キッチン・お風呂

ハウスダスト 症状 対策 台所の掃除方法を部分別に紹介!台所が汚れる原因とおすすめ洗剤
ハウスダスト 症状 対策 まな板のカビを二度と見たくない方必見!カビを除去する4つの方法
ハウスダスト 症状 対策 ガスコンロの掃除方法を紹介!パーツごとの洗い方や掃除グッズ3つ
ハウスダスト 症状 対策 換気扇の汚れを落とす掃除方法!ギトギト汚れは5つのグッズで解決
ハウスダスト 症状 対策 水垢掃除はクエン酸と重曹が効く!キッチンとお風呂の掃除方法
ハウスダスト 症状 対策 お風呂のカビはコレで死滅!カビをゴッソリ落とす3つの掃除方法

部屋・リビング

ハウスダスト 症状 対策 掃除に使用する道具!サッシと網戸を綺麗にする3つの方法を紹介
ハウスダスト 症状 対策 網戸掃除におすすめな道具5選!汚れる原因と簡単な掃除方法を紹介
ハウスダスト 症状 対策 エアコン掃除のやり方はこれしかない!驚くほど汚れが落ちる道具5選
ハウスダスト 症状 対策 壁紙の掃除はこれで解決!壁の頑固汚れを今すぐ落とす掃除方法
ハウスダスト 症状 対策 ブラインド掃除の裏技を大公開!埃が驚くほど取れる3つの道具を紹介
ハウスダスト 症状 対策 絨毯の掃除方法を徹底解説!3つのお手入れで綺麗な絨毯を保とう
ハウスダスト 症状 対策 カーペット掃除はたったの5分!シミ抜きにも効果抜群な掃除法
ハウスダスト 症状 対策 布団に生えた「カビ」を取り除く方法と、二度と繁殖させない方法
ハウスダスト 症状 対策 のカビに効果的な掃除方法!二度と畳にカビを繁殖させない対処法

ベランダ

ハウスダスト 症状 対策 ベランダ掃除の徹底マニュアル!掃除に必須な5つのグッズを大公開

フローリング

ハウスダスト 症状 対策 フローリング掃除でピカピカにする方法!知ってると得する3つの道具
ハウスダスト 症状 対策 フローリングワックスをムラなくかける方法!床を輝かせる商品3選

カビの除去

ハウスダスト 症状 対策 カビ掃除の仕方を徹底解説!おすすめな洗剤2つと場所別の掃除方法
ハウスダスト 症状 対策 カビの臭いを徹底除去する方法!カビ臭が発生しやすい場所7つ
ハウスダスト 症状 対策 カビを除去する方法はこれしかない!頑固なカビを落とす5つの対策法